ニュースリリース

アズム、PCoIPとICカードを組み合わせた
仮想デスクトップソリューション「AZ Desktop Cloud Platform」を提供開始

ネットワーク分離環境でも、ゼロクライアント端末1台で
ICカード差し替えにより仮想デスクトップを切り替え

株式会社アズム(本社:東京都港区代表取締役 岡田修門)は、カナダのTeradici社(テラディチ、本社:カナダ ブリティッシュコロンビア州、CEO Dan Cordingley)の「PC-over-IP(PCoIP)」技術と、アズムのICカードによるユーザ認証技術を融合し、強固なセキュリティと高いパフォーマンスを兼ね備え、管理性に優れた仮想デスクトップソリューション「AZ Desktop Cloud Platform」を提供開始します。
TeradiciのPCoIPは、VMware Horizon Viewにも採用されるなど、世界中で実績のある高速データ伝送プロトコルです。「AZ Desktop Cloud Platform」は、Teradiciのソフトウェア基盤「Teradici Cloud Access Platform」と、アズムが、旧サン・マイクロシステムズのシンクライアント「Sun Ray」の取り扱いを通じて蓄積したICカード技術を組み合わせることで、管理が容易でウィルス感染や情報漏洩リスクの低いゼロクライアント端末から、自身の仮想デスクトップ環境にいつでもICカードで安全かつ快適にアクセスすることを可能にします。

◆多様な仮想デスクトップニーズに対応

「AZ Desktop Cloud Platform」は、PCoIP対応のゼロクライアント端末にユーザが自分のICカードを挿入すれば、いつでもどこでも自分のデスクトップにアクセスして作業することができるようになります。
ICカード認証は接続先OSに依存せず、ICカード認証とパスワードによる二要素認証が可能です。クライアントとしては、ゼロクライアント端末の他、ソフトウェアクライアント(Windows、Mac OS)、モバイル端末(iOS、Android)も利用可能で、セキュリティポリシーに従って柔軟に運用できます。
ICカードは、社員証 / 入館証などの既存のICカードを流用することも可能で、「Sun Ray」導入ユーザは、お使いのICカードをそのままで「AZ Desktop Cloud Platform」に移行することもできます。

◆ネットワーク分離にも最適

個人情報、機密情報を保護するため、重要情報は閉ざされたネットワークに配置し、インターネット接続されたネットワークと分離して運用する企業や政府機関が増えており、総務省は、日本年金機構の情報漏洩事故を受けて、自治体のネットワークを、個人番号利用事務、LGWAN、インターネットの3つのセグメントに分離することを求めています。
「AZ Desktop Cloud Platform」は、1つの端末で、ICカードを差し替えるだけで、各ネットワークセグメントに対応した仮想デスクトップに切り替えることができるので、導入・運用コストを削減し、シンプルな作業環境で利便性を向上させることができます。
ワークスタイル変革、セキュリティ強化、運用効率などの観点で、デスクトップ仮想化へのニーズは今後も継続的に高まることが予想されていますが、アズムは、地方自治体、医療機関、教育機関などを中心として、「AZ Desktop Cloud Platform」による仮想デスクトップ環境構築の提案に注力します。
アズムは、自治体をはじめとして、「Sun Ray」の導入実績が多数ありますが、「Sun Ray」の開発・サポート終了が発表されていることから、「Sun Ray」のリプレースソリューションとしてのニーズにも期待しています。
「AZ Desktop Cloud Platform」は、2018年3月末までの1年間、キャンペーン特別価格で提供します。
また、地方自治体への提供においては、地方のSIパートナー各社との連携を強化し、提携を拡大します。

■「AZ Desktop Cloud Platform」販売について

  • ◇販売開始:2017年2月24日
  • ◇販売経路:アズム直販、パートナー経由
  • ◇販売価格:オープン価格
    • ※市場予想価格:70,560円前後(1シート/5年)
    • ※料金には、端末ライセンス、AZ Desktop Cloud Platform(Concurrent User/Per Named User)ライセンス およびサポートが含まれます。
  • ◇初年度キャンペーン価格 ※2018年3月末までにご購入のお客様対象。詳細はお問い合わせください。
  • ◇販売目標:初年度5,000ライセンス

■「AZ Desktop Cloud Platform」の特長

  • ICカードによるゼロクライアント端末間デスクトップ移動
  • ICカードとパスワードによる二要素認証
  • 入館証などICカードを利用可能
  • 登録されたデバイス、ICカードのみ仮想デスクトップ環境にアクセスできるよう設定可能
  • PCoIPに対応したデバイス、ソフトウェアの利用が可能
     ゼロクライアント、ソフトウェアクライアント(Windows/Mac OS)、Mobile端末(iOS/Android)
     ※ICカード機能はゼロクライアントのみ対応


◆「AZ Desktop Cloud Platform」システム構成図
AZ Desktop Cloud Platform 仮想デスクトップ構成
※「AZ Desktop Cloud Platform」の詳細は以下をご参照ください。
http://www.azm.co.jp/thinclient/azdcp.html
◆PCoIPゼロクライアントの特徴

  • Windows/LinuxといったOSを一切搭載していないので、ウィルスに感染するリスクがない
  • ネットワーク接続、画面描画・ディスプレイ出力、キーボード・マウス入力のみの機能
  • ローカルストレージを持たない
  • OSやアプリケーションはすべてサーバで実行
  • 盗難紛失による情報漏洩の防止
  • ICカードを挿入するだけで自分のデスクトップへアクセス可能
  • ゼロクライアント自体の管理負荷は極めて低く、メンテナンス性に優れている
  • 国内において複数のメーカーが販売

■本発表にあたり、以下企業様からのエンドースメントを頂戴しています

◆菱洋エレクトロ株式会社 代表取締役社長 大内 孝好 様
株式会社アズム様の新しいゼロクライアントソリューション「AZ Desktop Cloud Platform」の発表を歓迎致します。当社は長年、お客様にシンクライアントシステムをご提案、ご導入して参りましたが、従前取り扱っていました“ICカードによってユーザが自らのデスクトップ環境へアクセスすることが可能なゼロクライアント製品”が販売中止となり、お客様からも後継となる製品を求める声を多く頂戴しておりました。
今回発表された「AZ Desktop Cloud Platform」は、従来のシンクライアント製品のリプレースはもちろん、新たにシンクライアント製品の導入を検討されているお客様のご要望にもお応えできる製品と確信しております。当社は、今後ともアズム様との強固なパートナーシップを推進してまいります。


◆株式会社ミントウェーブ 代表取締役社長 毛受 重久 様
株式会社ミントウェーブは、株式会社アズムの新しい仮想デスクトップソリューション「AZ Desktop Cloud Platform」の発表を心より歓迎申し上げます。弊社は20年以上におよぶシンクライアントシステムの開発・構築・端末製造で培った高い技術と豊富な経験を活かし、高度なセキュリティを実現するシンクライアントソリューションを「AZ Desktop Cloud Platform」のICカード技術との融合を組み合わることにより、お客様に最適な形で提供いたします。


◆アセンテック株式会社 代表取締役社長 佐藤 直浩 様
アセンテック株式会社は、株式会社アズムがこのたび、先進的なシンクライアント製品である「AZ Desktop Cloud Platform」について、国内提供開始することを歓迎いたします。株式会社アズムの技術と、カナダTeradici社のPCoIP技術を結集した、ICカードと仮想デスクトップを結びつけた、この新しいソリューションに加えて、アセンテックの提供するPCoIP対応ゼロクライアントにより、仮想デスクトップがよりセキュアに、高いパフォーマンスの実現が可能になるものと期待しております。


◆Atrust Japan株式会社 日本地区代表兼セールスディレクター 節川 茂久 様
Atrustは、株式会社アズム様のAZ Desktop Cloud Platformソリューションの提供開始を歓迎致します。 弊社のデスクトップゼロクライアントAtrust w100及びモニター一体型ゼロクライアントAtrust a100Wと組み合わせる事により、新たなセキュアで簡単なカード認証ソリューションを展開出来ることを期待致します。

■Teradici(テラディチ)社について
   代表者 :Dan Cordingley
   本社所在地 :Suite 101 4621 Canada Way Burnaby, BC V5G 4X8 CANADA
   2004年創業のTeradiciはカナダのブリティッシュコロンビア州を本社とするセキュアな仮想ワークステーション技術におけるリーダーで、現在、Fortune 500に
   名を連ねる世界各国の企業や機関、州、連邦の諸官庁、クラウド・サービスプロバイダなどがTeradiciを利用しています。
   同社が開発したPCoIP技術は仮想環境やクラウド環境の仮想デスクトップをゼロクライアント、ハードウェアアクセラレータ、ワークステーションやモバイル機器
   から利用できるようにし、さまざまなワークスタイルをサポートします。
   シンプルなアーキテクチャで実現するPCoIP技術はコスト効果に優れ、セキュリティ性が高く、ユーザに快適なデスクトップ環境を提供します。
   URL: http://www.teradici.com/ja

■株式会社アズムについて
   代表者 :岡田修門
   本社所在地 :〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15ウィン青山2F
   支店所在地 :長野県松本市、北海道札幌市
   設立年月日 :1989年8月
   主な事業内容:
   資本金 :2000万円
  • サーバーサイドセキュリティ
  • シンクライアントシステム全般 コンサルテーション・設計・導入・構築・運用保守・研修・カスタマイズ
  • デスクトップインフラストラクチャ(統合認証基盤・資源共有)
  • プライベートクラウド
  • 専用アプリケーション開発
  • サポートセンター運営
   URL : http://www.azm.co.jp


本件に対する問い合わせ先
 株式会社アズム
 電話番号 03-5413-5411
 E-mail : az-desktop[at]azm[dot]co[dot]jp
 担当 :渡部